ひとつぶ堂
Text Size :  A A A
|  Hello!!  |  About  |  News  |  Photo  |  Menu  |  Link  |  Bbs  |  Blog  |
Img20081110002246
この色この色
Img1b20081110002246
おっぴーじいちゃん作
私はどうもこの色に弱いらしい・・・。
左は、茶の間の玄関の横にあった、靴箱の戸。引き戸でした。
これを物入れの扉にしたいとお願いして、
観音開きの扉に大変身。
赤っ茶けた濃い目の茶色は、私のお気に入りです。

右の写真は、勉強机です。
これは小学生用かな?
ちいちゃくて、とってもかわいらしいのです。
この形と色合い。たまりません♪

聞けば、うちのおばあちゃんの、お父様。
私からすれば、おっぴーじいちゃんにあたります。熊吉作。(くまきっつぁんの手作り)

母もこの机で勉強したとの事。
フフフ。姿が目に浮かびます。。。

これからは、ひとつぶ堂でお客様をむかえます。
Img20081106022151
入り口の外側にもコンクリ。
Img1b20081106022151
ちょっとだけ、飛び込みたい衝動にかられる。
コンクリートがやってきた。

道路よりも店の床の方が下がっていた為に、
同じくらいになるようにコンクリートを流すらしい。
金網ひいたり、砂利ひいたり・・・、
形になるまでの過程は最終的には目に見えないけれど、
一生懸命働く、真っ黒になったおっちゃん達はかっこよかった。。。

ホントに頭がさがります。
店の中の作業は、手作りの板のようなものにのって、
慣れた手つきでコンクリを伸ばしていく職人さん。
私ものってみたい!

乾くまでは時間がかかるので、しばし休憩。

と、そこにニャンコ先生登場・・・。

あ!!・・・・すでに遅し。
ワンツーの足跡を残して、消えていきました。

すぐに消しましたが、記念に残しといてもよかったかも~。



Img20081103213444
トントントントン
Img1b20081102001428
ベニヤを剥したら梁がでてきた!!
大工さんは本当に尊敬します。とにかく凄い!
1日でだいぶ作業が進むので、1日あけて見に行くと、その進みように
こちらが焦ります・・・。
無駄のない動き、、、見習わなくては!



かなづちの音が聞こえると、なんだか心がはずんでウキウキしてきます。
電気工具の音よりもテンションがあがってしまう私。
そして何よりも、~~「木の香り」~~
嗅覚は一番記憶を呼び起こすって聞いたことがありますが、
ホントでした。

木彫りに夢中だったあの頃が、思い出されます。
木目を見ては興奮し、木に触れてはボーっとし、
香りを嗅いでは半目になり・・・・。

やっぱり木は、たまんなく大好きだ!!





Img2a20081102003012
厨房の窓と換気扇。ここからパンの焼く匂いが・・・
Img2b20081102003012
無造作に立てかけてある木が、なんともアート的。
Img3a20081102003808
間仕切りの中のしくみってこうなってるのね。
Img3b20081102003808
だいぶ形がみえてきた。ドキドキ
Img20081020185410
ガランとした店内
10月16日、いよいよ工事がはじまりました。
頭ん中ではイメージしていたものの、いざ始まると
やはり興奮するものです。
まず入り口のサッシを外し、壁に組み込んでた
デカイ棚も取り外す。
ガランとした店内は、昔の学校を思い出します。
・・・懐かしや旧岩出山中学校。
何もなくなった店内でさえ美しく感じるのは、
やはり時代を生きてきた証なのだと改めて感じます。

働く男性はやっぱり素敵☆
泥だらけで汗だくになっても、一生懸命な人は
本当に輝いてみえるものです。
田舎のおんちゃん達の強烈ななまりトーク。。。
なんだか懐かしくって、こっちまで自然となまる。
そうか、ここは岩出山だった。
Img2a20081020185410
思わずパシャリ。
Img2b20081020185410
またまたパシャリ。。


お疲れ様でしたと、おんちゃん達が帰った後、
かわいく並んだ働き者の道具を発見!!


大きいのと小さいの。
赤いのと青いの。

なんとも可愛らしい♪

人も道具も、寄り添って並ぶのって、心がホッとする。
とても大事な事に気づかされました。

今日も一日ご苦労様でした。
明日も宜しくお願いします。
Img20081008164948
何年か前に入り口を直してしまった。昔の方が好きだった。
Img1b20081008164748
昔の家具のデザインはやっぱり素敵。
Img1c20081020222430
この色合いがたまりません。
29年前、私は地元の産婦人科で生まれ、
このおうちで育ちました。

農機具屋さんだった為、
お店にはたくさんのベルトがぶらさげてあって
機械やゴムの独特の匂いがしていました。

子供ながらに不思議な光景だったけど、
嫌いじゃなかったな。

築60年の古いおうちは
昔の木造校舎のようなあったかいお家。
油が染み込んだ木でさえも、美しく感じます。

古いものには目がない私にとって、
ここはずっと残しておきたい場所。

独立してパン屋さんを開こうと決意した時
やはり最終的に決めた場所は、
生まれ育った田舎のあのお家でした。

パン工房にするには、様々な困難があって、
さすがにこのままでは許可が下りません(涙)

工房だけはきちんとしなければならないので
リフォームすることにしました。

でもでも、この古い感じは何が何でも残したい!!
建築士の方と話し合いながら、来週から工事スタートです。

片付けしながら思うことは、やっぱり昔のデザインって
粋でかっこいい!!
工業的に感じるものだって、なんか温かい。

木のそろばんや、道具入れ、全てが美しかった。
次は何がでてくるのかしら。





Img2a20081020222430
使い込まれた黒板
Img2b20081020222430
素敵な昔のデザイン